最強の攻略法となるマーチンゲール法について

カジノゲームで必勝法や攻略法として紹介されることの多いマーチンゲール法をご存じでしょうか?さっそく解説していきましょう。

マーチンゲール法の概要

マーチンゲール法はシステムベットの一種であり、代表格とされています。具体的には、勝負に負けたら倍賭けを続ける手法であり、連敗しても1回の勝ちで取り戻すことができるところに特長があります。想像してみてください。負け続けても1回勝てばよいのです。なんだか勇気が湧いてきませんか?ギャンブルで負けることが怖くなくなります。
「でも、本当に負け続けても大丈夫なのですか?」マーチンゲール法に触れたことがない人から質問が寄せられています。確かにあまりにも連敗が続き過ぎると、さすがに持ちこたえられなくなってしまう可能性があります。その点について次の項目で検証していきましょう。

マーチンゲール法の注意点

必勝法とされているマーチンゲール法なのですが、連敗が続き過ぎると軍資金が底を尽いてしまう可能性を有しています。たとえば勝率が5割のゲームでマーチンゲール法を活用したと仮定して、1ドルから始めると10連敗で1023ドルが累計のベット額になります。これを取り戻そうとするなら、11ゲーム目に1024ドルをベットする必要がありますから大変です。ただし10連敗してしまう可能性は1000分の1とされており、滅多にない事象ですから、心配せずにチャレンジしてみてください。

ベットリミットについて

さて、システムベットとしてあまりにも有名なマーチンゲール法なのですが、活用する前に確認しなければならない点があります。それは、ゲームにおけるベットリミットのことであり、確認を怠ると大変な目にあってしまいます。ベットリミットとはベットしてよい金額の上限であり、これを超えてベットすることができません。たとえばベットリミット200ドルに制限されている場合には、8連敗した時点で累計255ドルの負けとなっていますから、取り戻すためのベットをすることができないことになります。つまり、ベットリミット200ドルのゲームでは7連敗がマーチンゲール法の上限ということになるのです。

マーチンゲール法を活用できるゲーム

1回の勝ちで負け分を取り戻すことが前提ですから、勝率5割のゲームで活用することがセオリーとなっています。たとえばバカラゲームやルーレットにおける赤黒や偶数奇数およびハイアンドローが該当することになります。ただし理解しておきたいのは、勝ったとしても利益が最小である点です。大勝をねらうというよりは、負けにくいシステムベット
であると理解したほうが良いのかもしれません。