ギャンブル初心者に最適な稼ぎ方「公営 vs オンラインカジノ」を徹底検証

ギャンブル初心者に最適な稼ぎ方「公営 vs オンラインカジノ」を徹底検証

「本格的に稼ぎたい!」と考えているギャンブル初心者であれば、競馬や競艇などの公営ギャンブルよりも、オンラインカジノが圧倒的におすすめです。
 
日本人にとって馴染み深い公営ギャンブルならではの臨場感や楽しさもありますが、ギャンブルとして考えると初心者にはハードルが高く、安定して勝つのは難しいという欠点があります。
 
今回は【ギャンブル初心者に最適な稼ぎ方「公営 vs オンラインカジノ」を徹底検証】と題し、何故ギャンブルで稼ぎたい人にオンラインカジノが最適なのか、公営ギャンブルとの違いをご紹介します。
 
 

圧倒的に高い勝率を誇るオンラインカジノ

一般的にギャンブルで楽しいと思う瞬間はゲームに勝ち「稼ぐ」という目的が達成されたときで、負けてお金を無駄にしたときは残念な気分になるものです。
公営ギャンブルが勝ちにくい原因は、オンラインカジノに比べて控除率(胴元の儲け)が 25 ~ 30 %と大きく、これがペイアウト率の低下に繋がっているのです。
 
一方のオンラインカジノは控除率が3~5%と非常に低い設定となっており、高いペイアウト率で公営ギャンブルよりも圧倒的に高い勝率を維持できます。
しかも公営ギャンブルは、オッズ変動システムというものがあり、確実な利益を出せるようなシステムとなっていて、結果的にマイナス収支となることもあります。
 
しかしオンラインカジノにはこのようなシステムは導入されておらず、ゲームは決められたペイアウト率に従って結果を出すようになっています。
これらの理由からオンラインカジノは非常に勝ちやすい環境でギャンブルが楽しめますが、逆に公営ギャンブルは稼ぐことが極めて難しくなっているのです。
 
 

複雑なレース予測が不要・攻略法も使える

複雑なレース予測が不要・攻略法も使える

初心者が公営ギャンブルで勝ちにくいのは、レースを予測するための知識や情報が足りないからです。
このようなレース予測は、競馬などが趣味の方なら苦になりませんが、単にギャンブルで稼ぎたい方にとっては、非常に面倒なプロセスとなります。
本命に賭け続ければ初心者にも的中させることは可能かも知れませんが、この方法で高額配当獲得や安定して稼ぐことはできないでしょう。
 
公営ギャンブルで安定して勝つ秘訣は、過去のデータや馬の血統、選手の実績などの分析に加え、レース当日の天候や馬の調子など不特定要素も踏まえて予測することで、初心者にはほぼ無理な内容です。
 
しかしオンラインカジノの場合は面倒な予測は不要で、テーブルゲームは攻略法を適用すればいいだけですし、スロットはゲーム結果を機械が抽選しているだけで何の難しさもありあせん。
初心者でも攻略法を覚えることは難しくないので心配は無用です。
 
 

少ない金額でも遊べる

初心者は大きく負けるのが怖いので、少ない金額で賭けたがる傾向があります。
競馬などの公営ギャンブルでは、最低でも100 円の投票券の購入が必須ですが、オンラインカジノの場合は0.02ドル(約2円)という低額から本格的なゲームに挑戦することが可能で、初心者にも敷居が低いというメリットがあります。

このような低額をベットしたところで勝てる金額はたかが知れていますが、初心者が練習を重ねるには十分となっています。
ただし最低ベット額はゲームによって違う点に注意しましょう。
 
 

実戦で使えるボーナスマネーが貰える

実戦で使えるボーナスマネーが貰える

オンラインカジノだけにある特典が初回ボーナスで、資金を節約したい初心者にとっては大きな魅力です。
オンラインカジノで受け取れるボーナスは、実際に入金したお金と同様にゲームで使えるもので、実際に勝てば配当金も貰えます。
 
ボーナスはオンラインカジノに登録時や、初回入金時、キャンペーンなどを通して貰えるチャンスがあります。
ボーナスのシステムや金額はオンラインカジノによって違いがありますが、ほとんどのオンラインカジノがボーナス制を導入しています。
 
オンラインカジノによっては 2,000 ドルの高額ボーナスを受け取れる所もあるので、チェックしてみましょう。
新規ユーザーなら初回ボーナスを貰って、いろいろなゲームに挑戦し攻略法の練習もできます。
 
 

まとめ

今回は【ギャンブル初心者に最適な稼ぎ方「公営 vs オンラインカジノ」を徹底検証】と題し、何故ギャンブルで稼ぎたい人にオンラインカジノが最適なのか、公営ギャンブルとの違いをご紹介しました。
 
公営ギャンブルが初心者にとって勝ちにくいのは、オンラインカジノに比べて控除率が25~30%と大きいからで、オンラインカジノは控除率が3~5%と低く抑えられており高いペイアウト率を実現しています。
 
またオンラインカジノには、初心者が苦手な公営ギャンブルのレース予測のような知識を必要とせず、簡単な攻略法で勝率を上げることが可能です。
さらにオンラインカジノでは、0.02ドル(約2円)という低額から本格的なゲームに挑戦できるので、初心者が慣れるまで練習を繰り返すことも可能となっています。
 
オンラインカジノには公営ギャンブルにはないボーナスシステムもあり、オンラインカジノによっては2,000ドルといった高額ボーナスを受け取れるところもあり、実際に入金したお金と同じように賭けることが可能でとてもお得です。
 
ただしオンラインカジノを選ぶ際に注意したいのは「必ず合法のオンラインカジノを選ぶ」という点です。
不正行為が横行する違法ネットカジノでは、稼ぐどころではありません。
どこのオンラインカジノが安全か分からない方は、ベラジョンカジノやジパングカジノなどの大手サイトで遊べば問題ないでしょう。

オンラインカジノの年齢制限を無視して登録してはいけない理由

れっきとしたギャンブルであるオンラインカジノには年齢制限があり、もしこれを守らずに登録できたとしても、後々不都合が出てきて結局は損をすることになります。
ライセンスを持つ合法オンラインカジノは厳格な運営を行っているので、仮に年齢制限を誤魔化したとしても、必ずどこかでバレてしまう仕組みが出来上がっているのです。

年齢制限があると言うことは、オンラインカジノはある程度しっかりした自己管理ができる大人を対象としており、誰でも遊べる無料のゲームアプリでは違うのです。
ここでは、オンラインカジノの年齢制限を無視して登録してはいけない理由を解説していくので、オンラインカジノに興味がある未成年の方は一読しておくことをおすすめします。

勝利金や入金額はすべて没収

勝利金や入金額はすべて没収
もし年齢制限を偽ってオンラインカジノに登録して勝利金を稼いだとしても、もしバレてしまえば勝利金だけでなく入金した残高まで、すべて没収されても文句は言えません。
実際のところオンラインカジノの登録時には、年齢確認は自己申告だけで、身分証明書の提示も求められないので、年齢制限を偽ったとしても、そのまま入金も可能で普通に遊べてしまいます。

しかしいつまでも誤魔化すことは難しく、もし年齢の偽証が発覚すれば、アカウンは閉鎖され勝利金もすべて没収され、それまでの苦労は水の泡です。
これでは、ギャンブルで稼ぐつもりが、単にオンラインカジノに寄付をしたのと同じことになってしまいます。
オンラインカジノに登録したということは、利用規約に合意したということなので、いくら返金を求めたり法的な措置に出ても、取り戻すことは非常に困難でしょう。

二度とアカウントを開設できなくなる

もしオンラインカジノに年齢制限を無視して登録して、それが発覚した場合、アカウントは永久に閉鎖され二度と再開は出来なくなります。
現在のアカウントが閉鎖されるだけでなく、登録時に本名や生年月日も判明しているので、将来的にも同一名義でのアカウント開設は不可能となるのです。

またアカウント開設に使ったIPもブラックリスト化されるので、同じIPからは誰であろうと二度とアカウントを開設できなくなります。
それでも友人から名義を借りたり、家族に頼むなどの手法を考える方もいるかもしれませんが、このような行動は、さらに重いペナルティを生み、周囲の人に迷惑をかけるだけです。

時間と共に永久閉鎖が解ける可能性もありますが、いずれにしろ運命はオンラインカジノ側がに握っており、違反者は何もすることができません。
このように複雑な問題を抱えないためにも、適正な年齢に達するまでオンラインカジノへの登録は我慢しましょう。

どうして年齢制限の違反は発覚するのか?

どうして年齢制限の違反は発覚するのか?
オンラインカジノの初期登録時は、身分証明書の提示が必要ないので、うまく年齢を誤魔化せたと思うかもしれませんが、それは甘い考えです。
なぜなら、オンラインカジノで稼いだ勝利金を出金する際に、身分証明書の提示が必須となっているからです。
これは年齢の偽証を見破る為というよりは、マネーロンダリングを防止する対策なのですが、登録者と出金先の名義を同一かどうか確認するプロセスとなっています。

提出する身分証明書には、生年月日が記されているので、この段階でかならず年齢偽証はバレてしまうという訳です。
ほかに出金時だけでなく、オンラインカジノ側が何らかの不審な行動を察知した場合は、抜き打ち的に身分証明書の提示を求められることもあります。
もちろん、これに応じられないとアカウントは停止となってしまいまので、いつまでも年齢を誤魔化して利用し続けるのは無理ということです。

年齢が満たないなら無料モードで我慢

年齢が満たないなら無料モードで我慢
年齢制限に満たなくてもどうしてもオンラインカシノを体験したい場合は、登録しなくても遊べる無料モードを試してください。
多くのオンラインカジノでは、ユーザーを増やすためにお試しモードが搭載されており、無料で遊ぶことが可能となっています。

中には登録を求めるオンラインカジノもありますが、大多数はアカウントがなくても無料で試すことができます。
この無料モードを使って練習し、適正年齢になるまで我慢するようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノの年齢制限を無視して登録してはいけない理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
れっきとしたギャンブルであるオンラインカジノには厳格な年齢制限があり、もしこれを無視して登録すると後々、ペナルティを課せられることになります。

アカウントが閉鎖され勝利金が引き出せないだけでなく、入金したお金も没収されてしまうのです。
登録時に身分証明書の提示はありませんが、出金時の手続きで身分証明書の提示が必須なので、結果的に年齢の詐称はバレてしまいます。

年齢制限に満たない方で、どうしてもオンラインカジノを体験したい場合は、無料モードで遊ぶようにしましょう。
実際のお金を賭けることはできませんが、ゲーム内容はまったく一緒なので、将来の練習になります。