オンラインカジノの参加要件

オンラインカジノを始めるに当たって何が必要なのか

オンラインカジノを始めるに当たって何が必要なのか

今、世界中で、オンラインカジノというギャンブルが人気となっています。
日本語対応のカジノも増えてきており、チャレンジしたいと思っている人もいると思います。
そこで、オンラインカジノを始めるにあたってあらかじめ準備しておきたいものを詳しく見ていきましょう。

オンラインカジノはギャンブルということもあり、払い戻しをする際にも用意をしておくものがあるので、理解しておくことが必要となります。

電子決済サービスの口座

オンラインカジノを始める際には、電子決済サービスのエコペイズの口座を作っておくようにしましょう。

オンラインカジノで遊ぶにはオンラインカジノと提携している電子決済サービスの口座があれば、一括で入出金を管理することができます。
オンラインカジノで使う資金の入出金に必要となりますし、複数のカジノに登録をしても一本化して管理できるので便利です。

エコペイズは数多くのオンラインカジノで利用できますので、長く遊ぶならあらかじめアカウントを作成しておきましょう。

クレジットカードの用意をする

クレジットカードの用意をする

エコペイズの口座を持っている方も、オンラインカジノですぐに遊びたい場合はクレジットカードは必須となります。

最近では、クレジットカードが使えるオンラインカジノも増えてきています。
クレジットカードなら即入金が反映されるので、かなり便利でショッピング感覚で使えるのもメリットです。

また、クレジットカードは複数枚用意しておくことが原則です。
これはなぜかというと、カード会社の規制によってカード入金ができないということがあるようです。
このため、複数枚用意して別のカードで試して見る必要が出てくるからです。

特にVISAやMasterCardは通用しやすいのですが、最近では他のJCBにも対応をしているカジノは増えてきています。

オンラインカジノによっては、セキュリティコードといって、3桁のコードがなければ使用することができなかったり、あるいはキャッシング機能がなければ利用ができないというケースもあるので、注意をしましょう。

本人確認書類とスキャナーの準備をしよう

オンラインカジノは、本人確認書類が必要となります。
これは払い戻しの際に必要となり、オンラインカジノ側から求められることになります。

確認書類は基本的には運転免許証、そしてパスポートなどの顔写真入りのものが通用しやすくなっていますが、それ以外にも、公共料金の明細書が必要となるケースもあります。
また、これらはオンラインカジノ側へメールで送信しますので、その際にはスキャナーがあれば便利です。
それほど高価なものである必要はありません。

収入証明とIDセルフィー

オンラインカジノではカジノによって、収入証明とIDセルフィーが求められるケースもありますので用意をしておきましょう。
これはオンラインカジノ側が必要になるわけではありません。
必要となる理由は、政府発行のライセンスが関わっていて、ヨーロッパのライセンスは監査が厳しいので、その対策となっています。

これらはオンラインカジノに求められることになりますので、その際には詳しくサポートに問い合わせて見るようにしましょう。

インターネットバンキング口座について

オンラインカジノは、払い戻しを受ける際には銀行口座は必須になってきます。
大手の銀行のインターネットバンキング口座を用意しておくようにしましょう。
そうすることで、払い戻しされたお金が入っているかどうかもインターネットですぐに確認することができます。
あらかじめ持っている銀行口座でもこれは問題はありません。

また、オンラインカジノではドルで遊ぶことになりますので、外貨預金が出来るような口座を用意しておくようにしましょう。

年齢制限は?

オンラインカジノは、大体のカジノが18歳未満は登録が禁止されています。
カジノによっては20歳以上というところもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
これは規約に記載されていますので、登録前に確認しておく必要があります。

軍資金の用意について

軍資金の用意について

オンラインカジノは、当たり前ですが、軍資金がなければ遊ぶことはできません。
このため、余裕資金を用意しておくようにしましょう。

オンラインカジノは、プレイヤーが任意で賭け金を決めることができます。
1ドルからでも賭けることができますが、すぐにお金が尽きてしまえば、楽しむことができません。
このため、十分に軍資金を用意しておきましょう。

10万円以上あれば十分ですが、5万円は最低用意しておくようにしましょう。
余裕資金があれば、プロモーション、ボーナスなどの権利を得ることができて、対象となりますので、お得に遊ぶことができます。
軍資金はあらかじめ用意をしておくようにして、クレジットカードで後払いだからといって、借金をしたりしないように注意をしましょう。